銀行法の選択を受ける銀行は貸金業法の選択を受ける貸金先と違って、総量管轄対象外になっています。見た目すれば銀行の方が総量管轄対象外の分、貸金先よりもリーズナブルのように見える。貸金先よりも総量管轄に関しまして制約が手緩いとしていいからです。
ただし、総量管轄の対象であるか対象でないかも一切はキャッシングやカード融資を利用できてこそです。要するに審査が通らなければ一切が不要ということです。
銀行の貸付の審査が貸金先と同じくらいのレベルならば、総量管轄対象外の銀行は大きな意味がありますが、銀行の審査が貸金先に比べると格段に激しいことから考えれば、総量管轄のある無しによって銀行を優先的に頼むのは意味がないとも言えます。