キャッシングの申込み方法には幾つか戦術があり、売り場での制作、ATMでの制作、インターネット上での制作などがあり、会社によって戦術や調査のスピードに違いがあります。わたしは売り場でキャッシングカードを作成した経験がありますが、年月としては半程度で至急カードを手にすることができました。
制作場合必要となるのは資格などのステータスライセンス、そしてパートタイマー点への在籍論証(店員さんが電話で確認します)、確信人の組合せ、書類への書き込みという内容でした。確信第三者には出金が滞ったシチュエーションのみ通信がいくことになりますので制作のタイミングでは組合せをするだけでした。
ホームページやATMでの申込みも便利ですが、売り場での制作が一番確実且つスピーディーにカードを手にすることができると感じました。